メディア掲載

メディア掲載のご報告:料理通信

IMG_6779

発売してから随分経ってしまいましたが、メディア掲載のご報告です。

料理専門誌『料理通信』6月号(5月7日発売)にてドーナツをご紹介いただきました。
今回はパン特集ということもあり、パン屋さんとお菓子屋さん9店のドーナツを取り上げ、テイスティング。さらに、作り方を紹介するという企画です。

考えてみれば、パン屋も菓子屋も“粉を扱う仕事”。
けれど、ふだん扱う“粉の種類”は、まったくと言って異なります。
パン屋さんは強力粉、お菓子屋さんは薄力粉が主体でしょうか。

ではドーナツは?

今回の企画では、パン屋さん代表として練馬・新桜台「ブーランジェリー・ジャンゴ」さんの「アップルサイダードーナッツ」と、お菓子屋さん代表(!)として、「プティ・クレール」の「レモンドーナツ」の作り方が紹介されています。

記事を見て面白いなあと思ったのは、パン屋さんの生地は<全粒粉+ベーキングパウダー>で、菓子屋(ウチですね)は<薄力粉+イースト>というところ。

「プティ・クレール」には生地を発酵させるためのホイロがないので、イーストを使った生地を扱うのはちょっと大変なのですが(厨房の室温によって、発酵具合が左右されてしまうのです)、そこはシェフの工夫で、生地を前日に作って冷蔵庫でゆっくり発酵させています。これなら発酵度合いもコントロールできるし、何より手離れがいい。いろんなお菓子を同時進行で作らなくてはならない厨房で編み出した、シェフの作り方なのです。

というわけで、ルセットや詳しい作り方は誌面をご覧ください。
もうすぐ次の号が発売されてしまうので、書店へGO!!

雑誌『料理通信』最新号のご案内
http://r-tsushin.com/magazine/

WEB料理通信 The Cuisine Press
http://r-tsushin.com

 

おすすめのお菓子, お知らせ

新作と、復活アイテムと。

1周年感謝デーと母の日が終わり、お店も通常モードになりました。
そして夏に向けて、お菓子の顔ぶれも少しずつ変わっています。
今日は3つのお菓子をご紹介します。

IMG_6809

「ビスキュイサンド」シリーズには「キャラメル バナナのビスキュイ」が仲間入り。
キャラメル風味の生クリームとカスタード、バナナのスライスを挟んだソフトタイプのブッセです。ほろ苦いキャラメルソースと表面に散らしたアーモンドスライスがアクセントになって、癖になります。

IMG_6858

「ハーブのマフィン」は、かつて「ハーブのパウンド」として登場していたのですが、型を変え、見た目も可愛らしく仕上げました。泡だてた生クリームを混ぜて焼き上げた生地は、ふわっとしていて、フレッシュハーブ(ミント、バジル、ローズマリー)の香りがすーっと鼻に抜けます。こちらも癖になるお菓子。

IMG_6864

「プルーンのパウンド」も去年オープン当初はお店に並んでいたのですが、他のパウンドと比べるとちょっとお高いからか、プルーンに抵抗があるのか、なかなか人気が出ずに店頭から消えていったお菓子…。でも赤ワインで煮たプルーンを生地の中にも表面にも使っていて、コクのある味わいが、これまた癖になるんです。

ぜひお試しくださいね。

そして、新しいお菓子があればお休みするお菓子も。

・バトンキャラメルノワ
・バトンショコラ
・キャロットケーキ
・コーングリッツのパウンド

この4品はしばらくお休みいたします。
ああ、好きだったのにー!というお客様、ごめんなさい。
再登場する日を待っていてください。

おすすめのお菓子

5月13日は“母の日”です

ゴールデンウィーク中に1周年を迎えた「プティ・クレール」。
感謝デーの3日間は、多くのお客様にお越しいただきました。
心より御礼申し上げます。
2年目からもご期待に添えるよう頑張ります!

さて今度の日曜日は“母の日”ですね。
いつものお菓子も母の日ヴァージョンでお迎えする予定です。

IMG_6842IMG_6829

*ホールタルトには“母の日ピック”をさして。「プティ ベイク セット」には、母の日カードを添えてご用意しています(通常版に替えることも可能ですのでお声がけください)。

ただいまお配りしているフライヤーには、“母の日”に限らず、
お誕生会やちょっとした集まりにお使いいただけるお菓子をご紹介しています。

例えば、普段カット売りしているパウンドケーキは、ホールでご購入が可能(12カット分)。
キッシュもホールでご購入が可能です。もちろんカット売りしているタルト類も(キッシュとタルトは4カットで1ホール)。
当日、その場ではご用意できないこともありますので、ご相談くださいませ。

1804250555_01L