ブログ

チョコレートフェア、始まります。

IMG_6247

年が明けたと思ったら、もう立春。
お菓子屋さんはバレンタインシーズンに突入です。

焼き菓子を中心にご用意している「プティ・クレール」にも、
ブラウニーやマフィン、スコーンなどチョコレートアイテムがあるにはあるのですが、もう少しチョコレート気分を味わいたいところ…

そこで第一弾として「タルト・ショコラ」(カット450円)が店頭に並びました。
パート・シュクレに濃厚なチョコレートクリームを流して、オーブンで焼き上げたタルトです。
室温に戻してからいただくと、口どけも良くてオススメです。

今度の水曜日、2月7日からは「チョコレートフェア」がスタート!
13日(火)は定休日に当たりますが、休まず営業いたしますので、皆様のご来店をお待ちしております。
*なお、15日(木)は振替休業とさせていただきますので、どうぞご了承くださいませ。

IMG_6261

メディア掲載のご報告:料理通信

IMG_6061

新年早々、メディア掲載のご報告です。
1月6日発売の『料理通信』(料理通信社刊)でご紹介いただきました。
『料理通信』はプロの料理人の読者も多い、料理専門の月刊誌です。

毎年2月号はお菓子特集。
今回は、お菓子を“時間”という切り口で捉え、
その味わいの秘密を解き明かそうという企画です。

「プティ・クレール」のページでは、
店の看板商品である、焼きっぱなしのマドレーヌと、
ギフト用の個包装されたマドレーヌのレシピを取材していただきました。

そもそも店を開くときに、マドレーヌとフィナンシェは、焼きたてをそのまま販売したいという意図がありました。
焼きたてのカリッとした食感や、少し時間が経った時のマドレーヌのサクッとした感じ、フィナンシェのムチっとした感じを、お客様に楽しんでいただきたいと思ったのです。
個包装してしまうと、しっとり感は保たれるけれど、食感が単調になってしまう…。

だけど時間が経つことによる食感の変化も、味わいの一つだと思うのです。
マドレーヌとフィナンシェにはもっといろんな表情があることを、体感していただきたかったのです!(はっ、熱く語ってしまった…)

そんな話を編集の方にお話したところ、
今回の企画にぴったり! と、ご紹介いただくことになりました。

というわけで、新顔ですが堂々の4ページ。
配合も、作り方も、包み隠さず掲載されています。
もちろん“食べるのが専門”という方でも楽しめるページがたくさん。
ページをめくるだけでも心豊かな気持ちになれます。
ご笑覧いただけましたら幸いです。

『料理通信』2月号の詳細はこちらから:
http://r-tsushin.com/magazine/

料理通信社のWEBサイト/ The Cuisine Press:
http://r-tsushin.com

 

 

 

Facebook ページができました!

あけましておめでとうございます。

遅ればせながら、Facebookページを作りました。
更新頻度は、Instagram>Facebookとなりますが、
こちらも併せて、“いいね!”をポチッとしていただければ幸いです。
https://www.facebook.com/lpc.urawa/

新年の営業は本日からです!
2018年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

fullsizeoutput_970

年末年始休業のお知らせ

いつもご利用いただきありがとうございます。
年末年始の営業日のご案内です。

12月29日(金) 17:00で閉店
12月30日(土)〜 1月5日(金) 休業
1月 6日(土) 11:00より開店

なお1月6日(土)、7日(日)、8日(月)の3日間は、
お買い上げのお客様、各日先着100名様に
「オートミールクッキー」をプレゼントいたします。

“おやつタイム”を豊かにするお菓子をたくさん焼いて、お待ちしております!

 

メディア掲載のご報告:カフェ-スイーツ

ご報告が遅れました。
柴田書店刊:カフェ-スイーツ別冊『菓子店パン店開業読本』にて、
弊店をご紹介いただきました。
42店舗の菓子店・パン店の開業ケーススタディが掲載されています。
「プティ・クレール」のケーススタディも赤裸々に!!

『カフェ-スイーツ』は隔月発行の、製菓製パン業界の専門誌。
国内外のトップシェフ、ブーランジェ、小さな個人店から企業が運営するお店まで、
お菓子屋さん、パン屋さんの最新情報が網羅されている雑誌です。

ぜひ書店でお手にとってご覧いただければ幸いです。

IMG_5718
*お店でも見本誌をご覧頂けます。

クリスマスケーキ、受付終了いたしました。

いつも「プティ・クレール」をご利用いただきありがとうございます。
「クリスマスケーキ」のご予約が予定台数に達しましたため、
11月29日(水)で受付を終了させていただきました。
なにとぞご了承いただけましたら幸いです。

なお、「シュトーレン」は現在、ご用意がございます。
(ホール1800円、ハーフ900円)
こちらも数に限りがございますので、お求めを予定されているお客様には、
お取り置きをお勧めいたします。

どうぞ、よろしくお願い申しあげます。

IMG_5871

「プティ ベイク セット」ができました。

IMG_5807

先週から、マドレーヌとフィナンシェを詰め合わせにした
「プティ ベイク セット」(4個入り、600円)をご用意しています。

マドレーヌやフィナンシェは、お菓子やさんでは定番のお菓子。
ギフト用に個包装されているものも多いですよね。

でも「プティ・クレール」は日常のお菓子屋さん。
焼きっぱなしのマドレーヌやフィナンシェのおいしさ、
時間を経て変わる味わいや食感をお楽しみいただきたいと、
あえて袋に入れずに販売しています。
カリッとしたり、サクッとしたり、ムチっとしたり、ほろっとしたり…。
こんな素朴なお菓子なのに、いろんな表情を持っていて、何度食べても食べ飽きない。
歴史のあるお菓子が秘める力はすごいなって、食べるたびに思います。

ありがたいことに「プティ・クレール」のお菓子を
手土産にしたい、とおっしゃってくださるお客様も増えてきました。
となると、お日持ちが気になりますよね。
そこで、看板商品であるマドレーヌとフィナンシェを、ギフト仕様に個包装いたしました。

「プレーンのマドレーヌ」「塩キャラメルのマドレーヌ」「フィナンシェ」「ナッツのフィナンシェ」の計4個入りで、お日持ちは3週間ほどです。

実は個包装しているマドレーヌは、
焼きっぱなしで販売しているものとは、配合も作り方も全く違います。
それはなぜ? どんなふうに違うの?

それはまた改めて、ブログでご紹介いたしますね。

クリスマスケーキのご予約、承ります。

fullsizeoutput_95c

「プティ・クレール」がオープンして初めてのクリスマス。
焼き菓子が中心のお店ですが、この季節はと、
普段お出ししていない、デコレーションケーキをご用意させていただくことにいたしました。

5号(直径約15cm:4〜6名様分)で3800円(税込)。
シンプルな、いちごとフレッシュクリームのケーキです。
申込期限は12月11日(月)、お渡しは23日(土)〜25日(月)。
申し込み用紙をご用意しておりますので、店頭でお申込くださいませ。
なお代金は、申し込み時のお支払いをお願いしております。
ご理解、ご協力のほどお願い申し上げます。

数に限りがございますので、お早めにどうぞ。

シュトーレン、はじめました。

fullsizeoutput_953

今年の秋は、なんだかあっという間。
ハロウィンが終われば、お菓子屋さんはもうクリスマス気分です。
「プティ・クレール」でも、この季節ならではの商品をご用意いたしました。

第1弾は「シュトーレン」。
シュトーレンとは、ドイツの伝統的な発酵菓子。
(ドイツ語では“シュトレン”という発音が近いとか)
ドライフルーツやナッツ、スパイスなどを生地に混ぜ、
発酵させてから焼き上げます。
日持ちも長く、時間が経つほどに熟成し、おいしさが増していきます。

粉糖で真っ白に覆われたシュトーレンは、
その姿から、幼子イエスを包む“おくるみ”に見立てられ、
「クリスマス・シュトーレン」として親しまれています。
そしてキリストの降誕を待つ期間(降誕節:アドベント)に、
少しずつ食しながらクリスマスを迎えます。

「プティ・クレール」のシュトーレンは1本1800円、ハーフ900円。
お日持ちがするので、ギフトにしても良いですね。
ご予約、お取り置きも可能です。

IMG_5704