BLOG

お知らせ

営業時間についてのおしらせ。

新型コロナウイルス感染防止に伴い、
4月より営業時間を短縮しておりましたが、
6月10日より通常の営業時間に戻すことにいたしました。
週末や祝日は、早めに閉店いたします。どうぞご注意ください。

6月10日より
11:00〜19:00(土・日・祝 〜18:00)


しかし、まだまだ予断は許さない状況です。
引き続き、アルコール消毒や2組までの入場制限にご協力をお願いします。

6/9更新:
2組までの入場制限を解除し、
イートインスペースもご利用いただけるようにいたします。
店内では他のお客様との間隔をとっていただき、
イートインスペースの長時間のご利用はお控えください。

あたらしいお菓子

きゅんと酸っぱい、シフォンケーキ。

レモンとミントのシフォン 300円

緊急事態宣言が解除されつつありますが、
まだまだ不自由な生活は続きそうです。
“新しい生活様式”に、私たちも慣れていかなければならないのでしょう。

こんな状況下でも季節は変わり、
お店には新しいお菓子が登場しています。

最近の人気商品は「レモンとミントのシフォン」。
生地にフレッシュミントを混ぜ込んで、
表面に薄くレモンのアイシングを施しています。
お菓子の裾にはちょっとだけアーモンドをあしらって……。

シフォンケーキというと、
クリームを添えてお召し上がりになることが多いと思いますが、
酸味の効いたアイシングがその代わりとなります。

甘そう? いえいえ、ちょっとよそゆきのシフォンケーキという面持ちで、
おいしくお召し上がりいただけるはずです。
ぜひ、お試しください。


おすすめのお菓子, お取り寄せ

遅ればせながら、3周年のご報告。

ステイホームを余儀なくされた今年の春の大型連休。
皆さまいかがお過ごしでしたでしょうか。

おかげさまで、プティ・クレールは5月3日(日)に3周年を迎えました。
4月上旬から入店制限を設けているのですが、
お客様のご協力のおかげもあり、
大きな混乱もなく営業を続けることができています。
心より感謝申し上げます。

私たちも安全を第一に、
変わらずお菓子をお届けできるよう努めてまいります。

さて、オンラインショップも、少しずつご利用くださる方が増えています。

なかでも最近人気なのが「レモンケーキ」。
生地のしっとりさを保ちながら、きゅんとした酸味を効かせたお菓子です。
アイシングのテクスチャーも大切にしたいので、
鮮度保持剤などは使わず、薄紙でくるっと包む程度にとどめています。
お店でも人気商品のため、すぐ品薄になってしまうのですが、
そのぶん作りたてをお届けしていますので、
どうぞこの機に、お試しくださいませ。

お知らせ, お取り寄せ

オンラインショップと店舗営業。

おやつセットA 3220円

去年から開設していたオンラインショップですが、
もっと気軽にご注文いただけるように、
バラエティセット的な「おやつセット」を追加しました。

店にあるケーキ箱にいろいろと詰め始めたら、だんだん楽しくなってきて、
「クッキーだけじゃ飽きるかな」
「パウンドケーキも入れようかな」
「個包装されたドゥミセックが食べやすいかな」など、
取っ替え引っ替え、いろいろと試しています。

近隣にお住いのお客様が多いので、
送料を考えるとなかなかご利用いただけないかもしれませんが、
「プティ・クレールに行きたいのに、行けないな…」という時には、
オンラインショップのことを思い出していただけたら幸いです。

https://lpc.stores.jp

さて、店舗の方はというと、
月曜日から入場制限をさせていただくことにいたしました。
店内には2組まで。
お店をのぞいて、先にお客様がいらっしゃる時には、1組外に出るまでお待ちください。

そして、これを機に、イートインスペースをクローズします。
お一人で静かに過ごされる方も多いのですが、こんな状況です。ご理解ください。

安全を保ち、安心してお買い物ができるよう、どうぞご協力のほど、お願いします。

お知らせ

営業時間短縮のお知らせ。

緊急事態宣言が出されたことを受け、
閉店時間を1時間繰り上げることにいたしました。

————————————————————–
営業時間 11:00〜18:00
定休日  火曜日(変更なし)
————————————————————–

不要不急な外出は自粛するよう要請が出ておりますので、
どうか無理のない範囲でご来店下さい。

店内には消毒用アルコールを設置しておりますので、ご利用ください。
また、店内にお客様が多くいらっしゃる時は、少しお待ちいただきご入店ください。
ドリンクはテイクアウトも可能です。

おやつが生活に欠かせないものかと言われると、
そうではないかもしれません。
しかし、少しのおやつがストレスを軽くしてくれるのではないか、とも思います。
不安が続く毎日だからこそ、
変わらずお店を開けることが“日常のお菓子屋さん”の役割であるーー
その思いで、粛々と営業を続けてまいりたいと考えています。

どうぞみなさま、ご安全にお過ごしください。