あたらしいお菓子, お知らせ

新商品と夏季休業のおしらせ。

プラムのしっとりケーキ 250円

ようやく梅雨が明けました。夏本番ですね。
ひんやりツルツルした食べ物に惹かれる季節ですが、
焼き菓子を冷やして食べるのもオススメ。

「プラムのしっとりケーキ」「バナナのしっとりケーキ」は、
冷やしても生地が締まらず、おいしくいただけるバターケーキです。
プラムのケーキは心地よい酸味で爽やかに。
バナナは相性のよいチョコと組み合わせました。

ぜひお試しください。

  *  *  *  *

【夏季休業日のご案内】

南浦和店舗  2020年8月10日(月)〜14日(金)
ONLINESHOP 2020年8月9日(日)〜15日(土)
*休業中もご注文は承っておりますが、 発送業務は16日(日)からとなります。
なにとぞご了承くださいませ。

あたらしいお菓子, おすすめのお菓子, お取り寄せ

新しいクッキー缶が仲間入り。

OTONA-CAN(おとなクッキー缶) 1400円

今年もそろそろ折り返し。
2020年前半は、新しい商品もイベントも、
声高にご案内することがなんとなく憚られていました。
ホワイトデーに始まり、3周年記念も、母の日も。

   *   *   *

新しい缶クッキーを作ろうか、と相談し始めたのは春も初めのこと。
お酒にも合う辛党もイケるクッキー缶が欲しいよね、
という言葉から誕生したのが、OTONA-CAN(おとなクッキー缶)です。

やっぱりチーズは外せないよね。
ゴマの香りもなかなかいいよね。
ラム酒をふりかけたガレットも入れたいね。
レーズンサンドに使っているクッキーも人気だよね。

こんな感じで、試作をしたりサイズを調整したりして、
白い缶にぎゅぎゅっと詰めました。

折しも6月は父の日。今年は21日(日)です。
数量限定でメンズライクな掛け紙をあしらってご用意しています。
贈り物に添えて、ぜひご活用ください。

オンラインショップでもご購入いただけます。
https://lpc.stores.jp

そうそう、食いしんぼう缶もVer.2が誕生しました。
こちらのご紹介はまた追って。

あたらしいお菓子

きゅんと酸っぱい、シフォンケーキ。

レモンとミントのシフォン 300円

緊急事態宣言が解除されつつありますが、
まだまだ不自由な生活は続きそうです。
“新しい生活様式”に、私たちも慣れていかなければならないのでしょう。

こんな状況下でも季節は変わり、
お店には新しいお菓子が登場しています。

最近の人気商品は「レモンとミントのシフォン」。
生地にフレッシュミントを混ぜ込んで、
表面に薄くレモンのアイシングを施しています。
お菓子の裾にはちょっとだけアーモンドをあしらって……。

シフォンケーキというと、
クリームを添えてお召し上がりになることが多いと思いますが、
酸味の効いたアイシングがその代わりとなります。

甘そう? いえいえ、ちょっとよそゆきのシフォンケーキという面持ちで、
おいしくお召し上がりいただけるはずです。
ぜひ、お試しください。


あたらしいお菓子

新商品カントゥッチって、何?

カントゥッチ(4本入り・280円)

新しい商品をご紹介します。
二度焼きしたクッキー「カントゥッチ」です。
「ビスコッティ」という名前の方がポピュラーでしょうか。

「ビスコッティ」はイタリアのクッキーの総称。
「カントゥッチ」とは、イタリア・トスカーナ地方発祥のお菓子で、
小さく焼き上げると「カントゥッチーニ」と呼び方がかわります。

生地をひとかたまりにして一度焼き、切り分けてからさらに焼くことで、
カラッとした、硬い歯触りのクッキーになります。

現地ではお酒やコーヒーに浸したりして食べるそうです。

プティ・クレールでは程よい固さに焼き上げ、
液体に浸しても、そのままでもおいしくお召し上がりいただけるようにいたしました。
香ばしいアーモンドと隠し味に潜ませたローズマリーが、
よいアクセントになっていると思います。

ぜひお試しください。

あたらしいお菓子, おすすめのお菓子

初夏のお菓子は爽やかに。

過ごしやすい季節はあっという間に過ぎ去り、
連日、真夏を思わせる日差しに体がついていきません。

「プティ・クレール」のお菓子も夏に向けて、新商品が登場。
「オレンジとヨーグルトのタルト」(1/4カット 360円)は、みずみずしいオレンジをたっぷり使った、ヨーグルトの酸味が心地よいタルトです。ベースはクリームチーズを使ったベイクドタルトなのですが、果肉の水分もあって、とぅるんとした口当たり。

もう一つは「レモンケーキ」(300円)。
昔懐かしい、レモンの形をしたお菓子ですが、もっと美味しくできないかなあとシェフが試作。さらにスタッフみんなで試食をして「もっと酸味を!」と、生地が膨らむギリギリのところまでレモン果汁を加えて、見た目だけでなく味にもレモンを感じる商品に仕上がりました。

日持ちするように脱酸素剤や袋に入れることも試みたのですが、アイシングが溶けてしまうので、個包装することは断念。その代わり、ワックスペーパーで軽く包んで、乾燥からお菓子を守る最低限の包装に落ち着きました。冷蔵庫で冷やしても美味しくお召し上がりいただけます。

最後になりましたが、今年も「ヨーグルトのジェラート」(280円)がスタートしました。オレンジのシャーベットと水切りヨーグルトで作ったジェラートの二層仕立です。
お散歩がてら、お買い物帰りに、ジェラートでちょっと涼んでいただければと思います。イートインのみのメニューです。