お知らせ

オープンからもう3ヶ月、の報告。

ゴールデンウィークにグランドオープンした「プティ・クレール」。
その前にプレオープン期間がありましたので、すでにオープンから3ヶ月が経ったわけです。
あっという間の3ヶ月! 足を運んでくださった皆さま、ありがとうございます。

「プティ・クレール」は、どんどん変化するお菓子屋さんです。
「日常のお菓子屋さん」というお店のテーマは守りつつ、
「あれないの?」とお客様から尋ねられれば、「やってみましょう」。
「こんなふうに買いたい」とご要望があれば、「対応します」。
もちろん対応が難しいこともありますが、できることであれば、応えて差し上げたい…そんな気持ちでおります。

というわけで、かねてよりご要望の多かったギフトボックスができました。

この箱はスリーブ式で、小さい方は長方形の箱1つ、大きい方は箱2つを、スリーブ(筒状の紙)に収めています。
お値段は小サイズが80円、大が150円。
色味もデザインもシンプルなものを心がけ、ナチュラルな質感のある紙を選んでいます。

箱1つはクッキー袋が3つ入る大きさで、お好みでブランデーケーキを入れたり、ダックワーズを詰めたりと組み合わせは自在。

どうぞスタッフにご相談ください。

fullsizeoutput_8f1

お知らせ

イートイン、はじめました。

連日暑い日が続いていますね。
「プティ・クレール」のお菓子を店内でお召し上がりいただけるよう、
ドリンクメニューをご用意いたしました。

コーヒーはカフェインレスのものをホットとアイスで。
紅茶はホットはダージリンのセカンドフラッシュ、アイスはアールグレイの水出しを。
ハーブティーはローズレッド(バラの花びら)とリンデン、ペパーミントのブレンドをホットで。
お子様には青森産りんごのアップルジュースもございます。

ドリンクメニュー以外にも、レモン(たまにミント)のフレーバーウォーターをご用意いたしました。お会計待ちの間にどうぞ水分補給をなさってください。

もうすぐ夏休み。お買い物帰りやお散歩途中の暑さ凌ぎに、
どうぞお気軽にお立ち寄りください。

image_cafe_5954のコピー

お知らせ

おかげさまで、1ヶ月経ちました。

5月3日、ゴールデンウィークの真っ只中にオープンしてから、
昨日で1ヶ月を迎えました。
まだまだ告知不足で「いつオープンしたの?」と聞かれることも度々。

それでも、炎天下の中、ベビーカーを押して買いに来てくださる方や、
「ここのスコーンが好きなのよ」と何度もいらしてくださるお客様、
クッキーを数枚買って塾に向かう男の子、
帰宅途中に2〜3個買い求めて袋を提げてお帰りになる男性など、
1日を通してたくさんの方にお越しいただいています。

心よりお礼申し上げます。

そして少し安堵しています。皆さんの日常に溶け込むことができたかなと。

これから暑くなって来ますね。
「プティ・クレール」では今、店内でお菓子をお召し上がりいただけるように、カフェ併設を計画中です。
セルフサービスでメニューも少なめの予定ですが、
お越しいただいた方に少しでもゆっくりしていただけるよう、
暑い日の給水スポットとなれるようにと考えております。もう少しお待ちくださいね。

2ヶ月目からもどうぞよろしくお願いいたします。

IMG_4831

お知らせ

試食を積極的にお出ししている理由。

「プティ・クレール」では、毎日40種類前後のお菓子をご用意しています。
マドレーヌは5種類、フィナンシェは3種類、パウンドケーキは5種類……
1つのアイテムでも複数のバリエーションをご用意して、
お客様に楽しんでいただこうという趣向です。
実際、商品カウンターを行き来して、
悩んでお選びくださるお客様の多いこと、多いこと。
嬉しいことです。

「プティ・クレール」のお菓子は、
味のアクセントにハーブやスパイスを多用しています。
でも、あまりなじみのない味には、少なからず抵抗を示してしまうもの。
初めて食べるお菓子であれば、なおさらです。

だから「プティ・クレール」では積極的に試食をお出ししています。

「あ、これなら大丈夫」
「あ、意外とおいしい」
「へえ、こんな感じなのね」
「こんなの、初めて!」

と、新しい出会いや発見を楽しんでいただけたなら、
私たちにとってこれほどの喜びはないのです。

FullSizeRender

マドレーヌは5兄弟。プレーン、チョコ、塩キャラメル、コーヒー、スパイス。
夏に向けて近々メンバーチェンジの予定ですが、それまでどうぞご贔屓に。
お知らせ

おやつは1日1回だけじゃない。

グランドオープンから10日経ち、お店も少し落ち着いてきました。

「プティ・クレール」をオープンするにあたり、私たちはこんなテーマを掲げました。

「おやつがある日は、ちょっと嬉しい」

たとえば朝食に。家事を終えた小休止に。
ランチに。友人との集まりに。仕事の合間に。
学校から帰ってきた時に。塾に行く前に。
お酒のお供に。寝る前、ちょっと小腹が減った時に……。

考えてみると、「おやつ」の出番は1日に何度もありそうです。

そこで私たちは、
こんな「おやつ」をご用意しようと考えました。

1個だけでも気兼ねなく買えて、
手で食べやすい形・簡素な包装で、
見た目はシンプルに、繰り返し食べたくなる味で、
バリエーションや季節感を取り入れて、
時に“新しい発見”がある……。

ちょっと欲張りすぎでしょうか。

私たちはお菓子屋さんですが、
皆さんの生活の一部になれれば、と思うのです。

IMG_4558