おすすめのお菓子, お取り寄せ

シュトーレン、はじまりました。

11月も残りわずか。あっというまにクリスマスです。
今年もシュトーレンがお店に並びました。

「シュトーレン」とはドイツの伝統的なお菓子。
ドライフルーツやナッツ、スパイスなどを生地に混ぜ、
発酵させてから焼き上げます。
日持ちも長く、時間が経つほどに熟成し、 おいしくなっていきます。
少しずつ切り分け、食しながらクリスマスを迎えるお菓子です。

クリスマスまで持つかどうかは、また別の話…

ぜひお試しください。

ハーフ 900円、ホール1800円。
ホールはオンラインショップにもアップしております。

お知らせ

クリスマスケーキ、ご予約スタート。

11月もそろそろ折り返し。
今年もクリスマスケーキのご予約をスタートしました。

スポンジ生地にマリネしたイチゴを2段挟んだ、ショートケーキタイプです。
ご予約の受付は、12月9日(月)まで。
お早めにどうぞ!

クリスマスケーキ
5号(直径約15cm) 3800円(税込)

■お渡し期間    12月21日(土)〜25日(水)
          *24日(火)は休まず営業します
■ご予約締め切り  12月9日(月)

お電話でもご予約承ります。

あたらしいお菓子, おすすめのお菓子

初夏のお菓子は爽やかに。

過ごしやすい季節はあっという間に過ぎ去り、
連日、真夏を思わせる日差しに体がついていきません。

「プティ・クレール」のお菓子も夏に向けて、新商品が登場。
「オレンジとヨーグルトのタルト」(1/4カット 360円)は、みずみずしいオレンジをたっぷり使った、ヨーグルトの酸味が心地よいタルトです。ベースはクリームチーズを使ったベイクドタルトなのですが、果肉の水分もあって、とぅるんとした口当たり。

もう一つは「レモンケーキ」(300円)。
昔懐かしい、レモンの形をしたお菓子ですが、もっと美味しくできないかなあとシェフが試作。さらにスタッフみんなで試食をして「もっと酸味を!」と、生地が膨らむギリギリのところまでレモン果汁を加えて、見た目だけでなく味にもレモンを感じる商品に仕上がりました。

日持ちするように脱酸素剤や袋に入れることも試みたのですが、アイシングが溶けてしまうので、個包装することは断念。その代わり、ワックスペーパーで軽く包んで、乾燥からお菓子を守る最低限の包装に落ち着きました。冷蔵庫で冷やしても美味しくお召し上がりいただけます。

最後になりましたが、今年も「ヨーグルトのジェラート」(280円)がスタートしました。オレンジのシャーベットと水切りヨーグルトで作ったジェラートの二層仕立です。
お散歩がてら、お買い物帰りに、ジェラートでちょっと涼んでいただければと思います。イートインのみのメニューです。

あたらしいお菓子

春のお菓子、いろいろと。

はちみつレモンのマフィン、オレンジのマフィン、抹茶のマフィン

春ですね。
「プティ・クレール」のお菓子も一新、
春めいた色合いのお菓子が登場しています。

初登場の「はちみつレモンのマフィン」は、爽やかな甘酸っぱさ。
「オレンジのマフィン」は自家製マーマレードのほろ苦さが後を引きます。
「プティ・クレール」初の抹茶味「抹茶のマフィン」は、
トッピングに大納言小豆、中にはあんこを潜ませています。

もう一つ、「桜のスコーン」も期間限定で販売中。
生地に桜の葉を混ぜ込んで、トッピングにも桜の塩漬けを。
桜のほのかな香りが、春の訪れを感じさせてくれることでしょう。
こちらは今週いっぱいで終了する予定です。
店頭で見かけたらぜひ、連れて帰ってくださいね。

桜のスコーン。ピンク色のドレンチェリーでより春らしく。
おすすめのお菓子, お知らせ

チョコレートフェア、始まります。

Chocolate Faire
2/2〜2/14


2月になりました!
バレンタインにあわせて、今年もチョコレートのお菓子をご用意いたします。
焼き菓子屋さんなので、“チョコを使ったお菓子”が中心ですが、
この期間だけしか作らないお菓子も並びます。

またギフトにもご利用いただけるように、
今年はオリジナル缶や専用ラッピングをご用意しました。

ご予約やお取り置きも可能ですので、
どうぞお気軽にお問い合わせください。